肌の内側から美白効果のある炭酸パック

美白効果があるとして、美容に関心の高い女性の間で人気なのが、炭酸パックです。
炭酸ガスのシュワシュワとした刺激によって、肌細胞を活性化させ、血行を促進したり、肌のターンオーバーを正常にさせる働きがあります。

そのため、古い角質やメラニン色素が排出され、つるんとした新しい肌に生まれ変わることができます。

また、炭酸パックには、ビタミンCやコラーゲン、プラセンタなどの美白成分が配合されていることが多く、活性化した肌に美容成分がしっかりと浸透するため、高い美白効果も実感できます。
肌のターンオーバーを整え、肌本来の再生力を高めたあと、しっかりと美白成分を補給することによって、ワントーン明るい肌へと導いてくれます。
また、炭酸パックは他のパックよりも少し高めなのがデメリットでもありますが、手作りで作ることも可能です。

目的に応じてくすみ対策したいならこちらの最新情報を掲載しました。

用意するものは、重曹、グリセリン、精製水、キサンタンガム、クエン酸で、全て薬局やドラッグストアで購入できるものばかりです。



キサンタンガム小さじ1、他は全て大さじ1を混ぜ合わせ、肌にのばしてラップをし、10分から20分放置した後洗い流します。市販の炭酸パックと同じように、きめ細かく美しい肌になれるほか、肌の明るさもアップします。

週に1度のお手入れに加えると、内側から輝くような肌に近づくことができます。
使い続けるほどに、普段使っている基礎化粧品の浸透力も高まり、肌荒れのない美肌を実現することができます。